妻の幸せステージ第2章~がまんから自由へ新しいパートナーシップ

2013年11月

ものすごく青い空。
まさに秋晴れという感じですね!

41mini


銀杏並木も最高にきれいでした!
今からこちらでセッションです(^^)

19mini

41mini

こんばんは、
『女性の愛が男を変える!世界を変える!』
しあわせ自立の女性を応援する
パートナーシップコンサルタントのUKONです。


今日はマイナビニュースのアンケート結果から、
男女の違いについて見てみたいと思います。

「奥さまから言われた言葉にイラッとした経験はありますか?」
Q.具体的にどんな内容の言葉を言われて、イラッとしましたか?(複数回答可)
1位 ふるまいについて(49.3%)
2位 性格について(31.0%)
3位 実家について(12.7%)

「旦那さまから言われた言葉にイラッとした経験はありますか?」
Q.具体的にどんな内容の言葉を言われて、イラッとしましたか?(複数回答可)
1位 ふるまいについて(30.3%)
2位 外見について(26.2%)
3位 性格について(25.4%)


Q.イラッとした言葉を言われた後、奥さまにどんな態度をとりましたか?(複数回答可)
1位 同じようにイラッとさせる言葉をぶつけた(29.6%)
2位 無視した(29.6%)
3位 傷ついたと言った(14.1%)


Q.イラッとした言葉を言われた後、旦那さまにどんな態度をとりましたか?(複数回答可)
1位 無視した(28.7%)
2位 傷ついたと言った(26.2%)
3位 同じようにイラッとさせる言葉をぶつけた(22.9%)


Q.その態度をとった後の奥さまの反応を教えてください。
1位 反論・逆ギレされた(49.3%)
2位 無視された(25.4%)
3位 そんなつもりで言ったのではないと弁解(言い訳)をされた(18.3%)

Q.その態度をとった後の旦那さまの反応を教えてください。
1位 そんなつもりで言ったのではないと弁解(言い訳)をされた(39.3%)
2位 反省して謝罪してくれた(27.1%)
3位 反論・逆ギレされた(20.5%)

『マイナビウーマン』にてWebアンケート。20~50代の男性254人

『マイナビウーマン』にてWebアンケート。20~50代の女性255人


まずこれを見て私が特徴的だなぁとおもったのが、
イラっとした言葉の後の態度の違いです。
男性は、イラっとさせる=自分が攻撃された!と認識するので、
相手にも攻撃態勢に入ります。
これが、1位の「同じようにイラっとさせる言葉をぶつけた」ですね。
それに対して、女性は3位になっています。

そしてさらにこれに続いて面白いと思ったのが、
その態度をとったあとの対応ですね(^^)

男性は、イラっとした言葉を返して(攻撃)、逆ギレ(反撃)されています。
それに対して
女性は、無視すると、男性はそんなつもりはないと弁解しています。

なんだか、近所でもよく見かける光景のようですね。
よくみると、太陽と北風さんの話にも見えてくるような気もします

女性の逆ギレする気持ちはよくわかりませんが、
同じ男性として弁解したい気持ちはよくわかります^^;
というか、弁解ではなく本当にそういうつもりがなかった、
というのが男性側の本音ですね。

つまりイラっとさせるつもりはまったくなかったのに、
男性のデリカシーのなさが女性を
イラっとさせてしまったといえるでしょう。


たとえばイラっとした言葉に、
女性は「外見」が入ってきています。
はい、私も経験があります^^;
客観的に事実を言っただけのつもりが・・・

「最近、顔まるくなった?」

とか言った日には、
「あ、髪が短くなったからそう見えたのかなぁ、はっはっは」
と言ってもすでに遅し(笑)
しばらく機嫌直してくれません。。。

こんなとき男性は、
感じたことを口にしたか、
たまにあるのが、
「そういえば、髪型変わったのみてわからないの?と前言われたなぁ。
 何か変わったことに気がついたら言わなくちゃ」
なんてことから口にしているってこともあります。
女性からすると、
「ありえない!」なんでしょうが、
そういうにぶいというか、ずれているところは
個人的には男性的な感性だと思っています。
(もちろん、男性にも個人差はあります)

もちろん、それが男性の感性だからと
開き直るつもりではありません。
だまっていれば、そういう傾向が男性には多いとは思いますが、
これをぜひ二人の関係性を深めるきっかけにしてみませんか?

どういうことかというと、
普段男性は、女性が一生懸命綺麗になるための
努力をしていることに気が付かないことが多いと思います。
ですから、男性が女性をイラっとさせる言葉を発したときは、
綺麗になったところ探しをさせるとか男性の教育タイムにします。

そのときに、どういうところがポイントかを女性から伝えておくのが良いでしょう。

「ほんと、ダメねぇ。女性はここを褒めてもらうと嬉しいのよ」

という具合に。
すると、男性も学習してきますので、次からは意識してみようと思い始めます。
あと、女性を褒めることになれていない男性が日本人には多いと思います。
だからこそ、自分からは照れくさくて言えないところを、
半強制的に口にすることで男性もなんだか口にするのに
抵抗がなくなってくる、というわけです。

女性からすると、わざわざそんな面倒なことを
と思う人もいるかもしれませんが、
でも言われた時のうれしさが将来待っていると思うと、
未来の自分の喜びのための投資だと思いませんか?

イラッとして終わるところを、
なんと自分の喜びに変えられるなんて、
素敵だと思いませんか?

私も今までいろいろな女性に教育されてきましたが、
もっとこれからも喜んで教育されようと思っています(^^)
そして、女性が喜んで、それによって男性もうれしくて、
だからまた女性を喜ばそうという幸せスパイラルを
みんなで世界中に伝染させていきましょう!




こんばんは、
『女性の愛が男を変える!世界を変える!』
しあわせ自立の女性を応援する
パートナーシップコンサルタントのUKONです。


11日間無料メール講座でも触れていますが、
倦怠期やマンネリをみなさんどうやって解消していますか?
まさか、
「そんなものでしょ」
「しかたがないわよ」
と諦めてやしませんか?

今日は、そんなマンネリについて
考えてみたいと思います。


まだ結婚していない女性からの相談で多いテーマに
彼となかなか連絡がとれないというのがあります。
このとき、連絡とれないことによる悩みというのは、
実はほとんどが「安心感」をもっと感じたい!
という不安が原因なんです。

結婚前の不安が、「安心感」を得たいという人は、
きっと多いのではないでしょうか?


そして、結婚するとその安心感が得られたように
感じる人も多いと思います。
それから結婚生活が5年、10年と過ごすと、
付き合い始めの「トキメキ」の関係性から
「安心感」の関係へと変わります。
でも、その安心感を得たと思うことでの
落とし穴があります。


どういうことかというと、
安心感が、なんでもわかりあえる、許しあえるという
「勝手な」思い込みに変わることです。
男性と女性では、関係性の変化に対する
感性が少し違います。


たとえば、男性の変化でいうと、
「釣った魚にはエサをやらない」
というたとえで言われるような、
結婚前と結婚後の変化があげられます。
よくデートに連れて行ってくれた人が全然
出かけなくなった、とか
必ず誕生日にはサプライズでお祝い
してくれたのが普通に家でのお祝いになった、とか
中には、結婚したら外で飲み歩く機会が
増えたなんて人もいるかもしれません。


これに対して女性の安心感の変化と言うのは、
「この人にはなんでも素をさらけだせる」
まではよいのですが、
自分をさらけだす=なんでもやってもよい
という勘違いがあります。
突然子供のような振る舞いが増えたり、
相手は許してくれると勝手に思い込んで、
自分の好きなことばかりやったりなど、
気をつけないと男性がちょっとうざく感じることを
気が付かずにしたりする人もいます。


ある意味お互い様なのですが、
そういう変化についてちゃんと話しあわないため、
お互い「なんか、結婚したら変わった」と思っても
口に出さないまま貯めこんでしまうということが
起こったります。
でもそのままにしておくと、チリも積もって、
距離感ができることにつながってしまいます。

ですから、ちゃんと自分が感じていることを
相手に伝えあうことがとっても大切。


先ほどの男性の変化、釣った魚にはエサをやらないは
男性にとっての安心感の表れですし、
女性の変化、なんでもやって良いという勘違いの甘えも
女性にとっての安心感の表れです。
お互い、同じ安心感からの変化なのですが、
行動レベルで違ってきているので、
相手に勘違いを起こさせるのです。


同じことを感じているはずなのに違ってみえる。
それってとってももったいないですよね!!


でもちゃんと話し合っていれば、
「あー、この人私と同じことを感じていたんだ」
と確認することができるんです。

自分の思い込みで勝手に判断しないで、
ちゃんと感じたことを相手に伝え、
そして確認してください!
相手が本当はどう思っているのか?


私が提唱するパートナーシップには
駆け引きは要りません。
どれだけ本音で付き合えるか?を大切にしています。
「相手を傷つけたくないから」などは、
自分を守るための言い訳です。

たとえ、自分が嫌に感じることになろうとも、
常に誠実でありたい、そういう理想を目指したいし、
目指してほしいと思っています。


メール講座に登録してくれた方たちへ業務連絡です。

携帯アドレス(スマホ含む)で登録している方の中で、
何通かメールが届いていない方がいるようです。
(DAY2以降は届いているけどDAY1が届いていない、
DAY5以外は届いていいるのにDAY5だけ届いていないなど)

この場合、まず迷惑メールに入っていないか確認してください。
そちらにもない場合、携帯キャリアのサーバーの関係で、
迷惑メールフィルターに引っかかる場合があるようです。
確実に受信するためには、ドメイン指定で受信設定を行ってください。

また、もし届かなかった回のメールは、
ご連絡いただければ個別にこちらからメールさせていただきます。

「DAY◯◯を送ってください」とこちら↓までご連絡ください。

info@pship-c.com

お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。


こんばんは、
『女性の愛が男を変える!世界を変える!』
しあわせ自立の女性を応援する
パートナーシップコンサルタントのUKONです。

以前別のブログで、取材を受けたことがありました()が、
またまた取材を受けた記事が公開されました!

今回取材を受けたのは、
ステキなママの毎日を応援する
「It Mama」

というサイトです。


shutterstock_94004884

取材内容は、
「どんな照れ屋でも簡単にできる!
妻が喜ぶ夫の愛情表現5パターン」

です。
よかったら、のぞいてみてください。


11日間無料メール講座
「がまんはもう卒業!妻として女性として自由に楽しく生きるコツ」
の登録はこちら → 




<追記>
エキサイトニュースに掲載されました!
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20131106/ItMama_51771.html?_p=3
エキサイトニュースmini

このページのトップヘ